“昭和40年代までは、前日か2日前には執行を伝えていた。

自分の死刑の日取りを聞いた受刑者は、執行までに肉親と合わせてもらったり他の死刑囚と話をしたり、遺書を書いたり好きなものを食べたりなど、最後の人生を過ごし、刑場へと向かっていた。

しかし昭和50年(1975年)、福岡拘置所で、翌日の死刑執行通達された受刑者が、カミソリ自殺をするという事件が起きた。拘置所の責任問題として大変な事態に発展し、この事件を契機として、執行を告げるのは当日の朝という慣例が全国的に定着していった。”

No.068 死刑執行当日の流れ

出典: ww5.tiki.ne.jp


“執行される日は、365日毎日が対象となっているわけではなく、執行されない日と、執行の可能性の高い日がある。

日曜祝日、年末年始は執行されることはなく、これは昔からの慣習である。逆に執行されることが多い日は、国会が開かれていない期間・法務大臣の交代が行われるであろう直前、金曜日、年末の仕事納めの日かその前日、となっている。

No.068 死刑執行当日の流れ

出典: ww5.tiki.ne.jp


“ 人間はあまりに早いことが処理できなかったりする。セーブボタンを押したときに、最近のPCやクラウドでは0.1秒でデータがセーブできる。0.1秒の間に「セーブ中」「セーブ完了」と表示されてもユーザーには伝わらない。むしろユーザーは「これ、本当にセーブできたのかな」と不安になる。そういうとき、実際のセーブが0.1秒で終わったとしても、わざわざ0.3秒くらいかけて「セーブしています」と砂時計をくるくるまわしたり、「セーブ完了しました」という表示を出したあとに、0.5秒くらいかけてふわっと消えるような表現をすることで、ユーザーに「ああ、コンピュータはちゃんと仕事をしてるんだな」とわかってもらえる。”

fladdictさんが考える「手触りのあるアプリ」(前編) iOS 7のフラットデザインと、これからのUIデザイン (3/3):MarkeZine(マーケジン) (via mi2hy)

こういうの!

(via ttttttext)

出典: mi2hy





“松竹は、劇場公開に客席数の多い大型の劇場を用意し、それがかえって「ガラガラ」を印象づける結果となった(逆に東宝は、中小の劇場で公開し、行列を作り出すことによって「繁盛している」とアピールする戦術を取っている)。”

ののちゃん - Wikipedia

出典: Wikipedia


子どもたちを格付けするためには、他の条件を全部同じにして、計測可能な差異だけを見る必要がある。
問題は「差異を見る」ことじゃなくて、「他の条件を全部同じにする」ことなんです。みんな叩いて曲げて同じかたちにはめ込んでしまう。そうしないと考量可能にならないから。同じ価値観を持ち、同じようなふるまい方をして、同じようなしゃべり方をする子どもをまず作り上げておいて、その上で考量可能な数値で比較する。
見落とされているのは、この均質化圧が財界からの強い要請で進められているということです。

彼らからすれば労働者も消費者もできるだけ定型的であって欲しい。労働者は互換可能であればあるほど雇用条件を引き下げることができるからです。「君の替えなんか他にいくらでもいるんだ」と言えれば、いくらでも賃金を下げ、労働条件を過酷なものにできる。消費者もできるだけ欲望は均質的である方がいい。全員が同じ欲望に駆り立てられて、同じ商品に殺到すれば、製造コストは最小化でき、収益は最大化するからです。ですから、労働者として消費者として、子どもたちにはできるだけ均質的であって欲しいというのは市場からのストレートな要請なんです。政治家や文科省の役人たちはその市場の意向を体して学校に向かって「子どもたちを均質化しろ」と命令してくる。

ネット時代の共生の作法 (内田樹の研究室)

出典: blog.tatsuru.com


1 2 3 4 5